はいら日記

ぼっち大学生日記

抹茶パフェ

高校同期のtが一人旅のついでにやってきたので例によってkと会いに行った。待ち合わせ場所に早く着きすぎたので近くの土産物屋に入って練り香水を片っ端から全て嗅いだ。tは何だかいかれたTシャツ姿で現れたので正気を疑った。今年は勝てるといいですね…

三人で甘味処に入って甘いものに舌鼓を打ちながら大学に友達ができないことを嘆きあった。tは甘くないと思って頼んだグリーンティーがげろ甘だったことに苦しめられていた。よほど辛かったのかその後の道中も表記がグリーンティーだったから外国人向けの味だったんだ、なぜ気づけなかったんだと言ってみたり、甘くなさそうなお茶に異常に反応したりで面白かった。その一方でkは寒天が想像以上に緩かったことにかすかに不満を抱いている様子だった。(寒天は固いのが好みらしい)

ポイ捨て禁止の看板の真下にごみが散乱しているステキに尖った光景を見つけた。民衆が反逆の狼煙を上げたのだろう。もうすぐこの町は世紀末と化すことを感じた。

f:id:hyla26572256:20210804001617p:plain

夏草や兵どもが夢の跡


その辺の神社でぶらぶらし、セミが異常にくっついている木を囲んで大興奮したりトンボの写真を撮りまくったりしていたが気が変わったので縁切り神社に行くことになった。この神社というのはそのご利益ゆえに闇深な絵馬がかかっているともっぱらの噂で私がかねてから行きたいと思っていた場所である。絵馬を見に行こうという話に性格が歪んでいるtも身を乗り出して賛成した。実際に見てみると確かにやばげな絵馬がそこかしこにかかっていたが、その内容をネットに書くことは禁止されていたのでここには載せない。オタクの絵馬が個人的に気に入ったとだけ言っておく。この神社、縁結びのご利益もあるらしいが私は別段切りたい縁も結びたい縁もないので絵馬を見るだけ見て祈ったりはしなかった。

私はバイトがあるのでそこで離脱したがtとkは大学に戻って学食で食べたらしい。うらやましい限りである。私も同行したかったエーーーンイヒーーーン

私が今バイトしている塾にはバリバリに賢い子はあまりいない。私は中学時代は周りとの関わりをほぼ絶って暮らしており、高校では異常に賢い人々に囲まれていた故に彼らのするミスに結構戸惑ったりする。自分が当たり前だと思っていた考え方が彼らにとっては全然そうじゃないのでなかなかうまく教えられない。そもそも自分がちょっと難しい概念とかをふんわりと感覚でしか理解していないので言語化できないのだ。これを彼らのせいにしてはいけないと肝に銘じなければならない。(そうしなければ自分より運動神経が悪い人がいるということをよく理解していなかった中学の体育教師と同じ穴の狢である。今日tやkと話したことでもある。)こんな風に偉そうなことをほざいているが私自身もそんなに頭はよくないのだ。完全にまぐれで取った入試での好成績に己惚れているうちに足元を掬われ落ちこぼれるというシナリオだけは避けたいがなかなかリアリティのある話で恐ろしい。まあ、謙虚に暮らしていこうと思います。おしまい。

今日あったことと漫画の話

今日は私にしては珍しく早起きに成功したので朝からランニングに行った。健康なことこの上ない。ランニングというよりはその辺を歩いたり走ったりして観光するというほうが正しいだろう。かのインスタ映えスポット、蹴上インクラインを見た。別にどうということはないただの線路である。両側が桜並木らしいので春に来たらさぞかし綺麗だろうなとは思う。ここで人と映ったら確かにいい感じかもしれないが私はぼっちなので地面に這いつくばってただの線路を撮ることしかできない。近くに高級ホテルがあるのだが、私にはこういうホテルを眺めていつか金持ちになった日のことを夢想するといういかにも貧乏人な習慣がある。googleストリートビューを使えば世界トップレベルで高額な部屋や世界中のリゾートホテルの中に入れるので受験期は夜な夜な無心でこれをしていた。将来の夢の一つに自分で稼いだお金で高級ホテルに泊まり、そこのスプリングベッドで一晩中跳ね回るというのもあるし、私は意外と高級ホテルが好きなのかもしれない。とはいえもし私が裕福になることがあったとしても、もともとの貧乏人根性が邪魔して金を湯水のように使うことは決してできないだろうという確固たる確信がある。

帰ったら疲れたので寝た。昼前にむくりと起きだし、布団から這い出て眠い目をこすりつつ学校の図書館で読書をした。今は古本屋で格安で買ったツルゲーネフを読んでいるが、短編集なのにいまいち読みづらい。19世紀末のロシア貴族の生活なんてなかなか想像できるものではないし、なんか皆浪費しまくっていて本当に訳が分からない。窓の外を見たら大きな虫がいてまさかカブトムシの雌かと思ったが普通にセミだった。

近くの神社にある祭りに行こうかと思い橋を渡っていると私の目に飛び込んできたのは「幸せ」の札!!!一度は通り過ぎたがやはり写真を撮ろうと振り返るとそこには同級生の姿が!!!私が意味不明なタイミングでいきなり振り返ったのでそれはもう驚いていた。

f:id:hyla26572256:20210731221348p:plain

幸せらしい。そうですか。裏にもなんか書いてあったが忘れた。

日が暮れてからのほうが祭りも綺麗だろうと商店街をぶらぶらしていたらいきなりえげつない豪雨に襲われ閉じ込められてしまった。百均で買った飴を舐めがら古本屋での立ち読みを強いられ、村上春樹のIQ84を読み始めたが蒸し暑さと立ち続けるキツさにあっという間にギブアップした。雨が上がったのは祭りが終わってからであり、むしゃくしゃして百均のマシュマロを暴食した。

漫画の話

前々から欲しかった漫画を最近買い集めているので今持っている漫画を語って悦に浸ろうと思う。持っている巻数も書いておく。

風の谷のナウシカ 1~7巻

今となっては映画のほうが有名だがその原作漫画。映画になっているのは全7巻の内3巻までの内容で、4巻から急激にストーリーが広がる。腐海や人類の秘密、生命の神秘にまで迫る内容である。何回読んでも面白いし確実に人生を豊かにしてくれる名作だと思う。というか何回も読まないと理解できない。全人類が読むべき。あと、クシャナがイケメンで確実に惚れさせてくる。まじでヤバい。

DEATH NOTE 1~12巻

名前を書かれたものが死ぬ死神のノートを拾った完璧な高校生夜神月(ライト)と謎の名探偵Lの頭脳戦を描く。月の暴走する正義感と変わっていく顔つきが良い。小畑健さんの画力が凄すぎて凄い、人間技じゃない。ガラケーの登場など時代を感じる場面もあるがストーリーが面白いので別に気にならない。途中で出てくる少女ミサが最初はうざいが物語が進むにつれてどんどんかわいく見えてくる。私の母は二次元で一番レベルでL  に入れ込んでいるが正直男の趣味どうかしてると思う。

乙嫁語り 1~2巻

コーカサス地方の人々の少し波乱のある日常ものという感じ。恐ろしく細かい書き込みが延々と続くので作者はおそらく正気を失っている。どんなものかわからなかったので少ししか買わなかったがもっと買ってくればよかったと思う。

月に吠えらんねえ 1~6巻

近代日本の作家たちの作品から受けるイメージを擬人化したキャラクターが登場人物。作者の病的なまでの執念が伝わってくる。主なテーマは戦争と詩だが、現実か虚構かわからないシーンが延々と続き、いろいろと過激な描写もあるので読んでいるこっちがおかしくなりそうになる。作者も読者も莫大なエネルギーを注ぎこまなければいけない変な作品。人を選ぶ漫画だとは思うが好きな人は物凄く好きだと思う。好き嫌いは置いといて文学作品の引用の仕方が見事なので近代日本文学に興味がある人は一度読んでみるべきじゃないかなあ。日本史やっていたらもっと面白いと思う。

シュトヘル 1~4巻

時は13世紀、西夏文字を守ろうとするモンゴルの少年とモンゴルを憎む女兵士の物語。タイムスリップ要素もあって現代日本の青年がこの女兵士に憑依したりする。ストーリーが激アツで文字と歴史のロマンを脳に直接ブチ込まれる感じ。世界史がわかる人には絶対読んでほしいし世界史詳しくなくても問題なく読める。絵は整ってはいないが動きを感じさせるし、登場人物が中身、ビジュアルともにいちいち格好良いので読んでて気持ちが良い。とにかく凄く胸アツなので皆読んでみてください!!!!

ヒストリエ 1~5巻、7巻

岩明均はかの寄生獣の作者。絵は非常に上手とは言えないが、微妙な表情、決定的な瞬間、不気味さの描写に長けているので一見の価値がある。よくも僕をだましたなと叫ぶ少年の画像をネットで見たことがあるかもしれないが、その出どころの漫画である。アレクサンドロス大王の書記官として実在した男エウメネスの生涯を空想を交えながら描く。表紙はなんだかつまらなそうだが騙されてはいけない。というかなんでこんな微妙な表紙にしたんだ。これもまた歴史のロマンをビシビシ感じさせる、世界史分かる人もわからない人もそれぞれ楽しめる漫画である。資料集め、時代考証もしっかりしているらしく、ギリシア史の専門家も読んでいると聞いたこともある。波乱万丈だが賢く強くかっこいいエウメネスが基本的に無双しているので今のところは安心して読める。エウメネスの頭の良さと機転、憧れざるを得ない。ヘロドトスの知識が必ず役に立つと断言するところも痺れる。唯一の懸念点は連載スピードと史実を照らし合わせるとどう考えても完結する前に作者が死ぬということらしい。

とんがり帽子のアトリエ 1~4巻

限られた人しかなれないという魔法使いに憧れる少女ココの物語。芸大卒の作者の銅版画を思わせる絵がとにかく綺麗でかわいい。この一言に尽きる。4コマに1回はうう~かわいいい~~~となるシーンがある。小道具や服、建物のデザイン、世界観も完璧だしストーリーも良いので全人類に超おすすめ。

たびしカワラん‼ 1~4巻

ストーリーは何とも説明しがたい。愛の物語です。(私のかわいそうな頭ではいい感じの説明が思いつかない。)緻密な絵と病的な表現が私は好きだったがなかなか過激だし意味不明なシーンもあるので好き嫌いはかなり分かれると思う。作者の趣味もえぐいし。2巻になってやっとストーリーが動き出すので1巻が無理でもそれ以降は大丈夫な人もいるらしい。

SARU  上巻

米津玄師の曲「海の幽霊」が主題歌となっている海獣の子供という映画があるが、その原作漫画の作者、五十嵐大介の作品。これもストーリーは何とも説明しがたい。恐ろしく絵がうまく、全てボールペンで描いているらしい。生物の描写や世界観に自然への愛と畏怖を感じる。米津玄師も惚れ込んだ彼の世界観、ぜひ感じてみてほしい。

 こうしてみると作者の病的なまでの執念や感性が噴出した作品はやはり相当な魅力があることがわかる。変態の描く漫画って最高ですね!!!!!!!

 

 

 

最近あった話

テストも大体終わったことだし更新が止まっていた間にあったことを書いていこうと思う。

 

バイト首になった

読んで字のごとく、バイトを首にされた。私が自分の歩くスピードをなめていたら5分遅刻してこうなった。社会って厳し~。遅刻したことは反省しているがこのバイトのことはさっぱり忘れてしまおうと思う。教訓を得ることとなったもとをちゃっかり忘れながら教訓だけ得る、このくらいの矛盾があるのが社会をストレスフリーに生き抜くためにはちょうど良いのである。秒で時給150円以上高いところに転職した。考えてみればまかないと給料と教訓を得た挙句、自給まで上がっちゃったのでラッキーでしかない。

 

墓場を散歩したら怖かった

ランニングの途中で見つけた寺の境内にふらふらと入っていったら思ったより広く、出られなくなった。夕暮れ時に一人墓場にいると非常に怖いことがわかった。

 

f:id:hyla26572256:20210730135942p:plain

異世界感があるよね

インスタでたまに見かける花手水があったが、周りにアヒルのおもちゃを置きまくっていたのでいまいち雰囲気にかけていたものの可愛かった。

他には異常なまでにカエルがいる池があった。全体的に薄暗く、猫一匹以外何も見かけなかったので怖い散歩であった。

 

友達が遊びに来た

イギリス留学中の友達Mが家に泊まりに来た。イギリスの大学といえばだれもが思い浮かべるだろう例のところに進学が決まっている優秀な高校同期である。大学に入るまで日本に帰ってきているので伊勢旅行のついでに会いに来てくれたのである。私と同じ大学に入った別の高校同期Kと3人でラーメンを食べに行った。

f:id:hyla26572256:20210730141150p:plain

うーメン。私は手前のなんかヤバそうなのを食べた。見た目通りの辛さだった。

Kと別れた後Mと近所の銭湯に行ってハーゲンダッツを食べ、寝た。

銭湯の靴箱は一つ一つに形の違う木片が刺さっており、先の切れ込みがカギの役割を果たしているというもので、こんなものは初めて見た。

 

サル見に行った

学校の授業の一環でサルの観察に行った。朝ごはんが豆乳だけだった上に交通費をケチって一時間弱自転車を漕いだので当然のごとく山登りの途中で体調を崩した。教授が熱中症対策の飲み物をくれて、少し休んだら回復した。対して高くもない山だったのでふらふらしていても普通に登れましたよ。今は生まれたてのサルがたくさん見られる時期らしく、子ザルの可愛さを存分に吸収できた。

ゲヘへへ、かわいいね

 

サークルの人たちとカラオケに行った

前も書いた不思議ちゃんの先輩が間違えて多店舗の部屋に入り知らないおじさんと鉢合わせたらしい。また、彼は一曲目から声をカッスカスにして歌っていたので歌が下手なのかと思ったら全然そんなことはないどころか元合唱部であり、そのくせして自分の声に合わない歌を歌い続ける狂人なだけだった。レッツゴー陰陽師という曲の女性パートは蚊の鳴くような声なのに男性パートになった瞬間にかっこいい低音に切り替わるので一同腹の皮がよじれるまで笑った。この曲、妙に癖になるので皆さんも聞いてみてほしい。私が大地讃頌を全力で歌ったらその様子を同学年の男子にインスタに載せられた。急いでインスタを交換し確かめてみたら私の声が入っているだけで何の説明もない動画をストーリー何本分も上げていて普通に他人が見たらついていけないだろうなと思った。私はお世辞にも歌がうまいとは言えないのだが、皆採点機能をオフにしており、どんなに難しい曲を歌ってもほめてくれ、おすすめだと話した曲は特に一生懸命聞いてくれて非常に精神衛生によろしい会だった。

こんな感じで大学の前期は終わった。振り返ると私は勉強を頑張らなさすぎ、生活が虚無すぎだったので来期は頑張る。絶対!!!絶対頑張るんだから!!!少なくとも部屋に一人横たわって何もしない時間をなくすんだから!!!!おしまい。

チョコレートvsランニング 世紀の対決!!!

週四で一限のある生活をしている。五限は週三である。皆一限に文句を言っているが私は五限のほうがよっぽど罪が重いと思う。なるほど早起きで三文の得をすることはあるかもしれないが六時過ぎまで拘束されてする得など何一つない。バイトのシフトを入れる時も邪魔だし。高校は四時半に終わっていたので非常にストレスである。

一限に行ったら朝からパレスチナ問題の話を聞かされて気が重くなった。でも目をそらしてはいけないのである。うーん。ユダヤ人に関する話が教授同士で微妙にずれている気がするのだけれど何故だろう、考え方が違うとそうなるのだろうか。

相変わらず一人で学食に行った後、スぺ語のテストがあることをつゆ知らず私はぎりぎりまで貯めていた課題をしていた。友達がたいそういらっしゃる皆さんは喋れるスペースでパソコンをいじるのがお好きらしいが私は誰もしゃべっていないし全員一人のコンセント付きの自習室を推す。

授業開始直前にテストの存在と範囲の広さを友達に聞かされ雷に打たれたかのような衝撃を受け本気で帰宅を検討したが成績には多分関係ないと言われたのでふらふらになりながら出席することにした。教室に入るなり¡Hola!¡Hola!と叫んできた気さくな同学部の男子もテストのことを知らなかったらしく皆でショックを受けた。ただテストはペアでする口頭形式のものだったので何とか体裁を整えることはできた。私のペアの子はまじめに勉強していてスペイン語のことをよく知っており、私の質問にもなんでも答えてくれたが実はとんでもない多浪生らしい。他にもまじめで感心な生徒な元浪人生をたくさん知っているがなぜ彼らが浪人することになったのかはなはだ疑問である。そして文法用語でわかるものが動詞と名詞しかない私がなぜ現役で受かってしまったのだろうか。おかげで教科書の記述が全く分からないのである。

放課後はチョコを食べてしゃべるだけの謎サークルに行った。みんなでお菓子を持ち寄り学食に集まる謎サークルである。ここの同学部の先輩はとんでもなくかわいくてファッションも私の好みだし、イマジナリーフレンドがいておっとりしたしゃべり方をする不思議ちゃんな先輩もいて仲良くなりたいことこの上ない。まだあまり仲良くないので当たり障りのない世間話しかできない自分が憎い。

こうしてお菓子をたらふく食べたのだが私は常日頃から痩せたいと願っている身である。受験期の一番やばい時期からは五キロ痩せたがそれは太りすぎが常識の範囲内になっただけであるという話なのだ。ゆくゆくはマメジカみたいな脚になったり体重をマイナスにして物理的に説明できない存在になったりしたいものである。そこで私はランニングに行くことにした。日が暮れてから走れば日焼けの心配がないのはよいことだが裏路地に入ったりなどの楽しみがなくなる。仕方ないのでとりあえず何かあるだろうと思って祇園まで行った。祇園近くのそれなりに大きな通りを通ったがここはホストクラブや飲み屋、ホテルが多いらしくこの時間になると路地に出てきて店先で突っ立っている人がそこかしこにいた。タバコを吸うためだろうか。勧誘をしているのかもしれない。祇園まで出たらさっきの通りの様子と打って変わって誰もいない。

f:id:hyla26572256:20210707003241p:plain

人気のない祇園

古い木造建築の甘い匂いがたまにする場所である。ここを走ると与謝野晶子の清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしきという歌が思い出された。恋愛の高揚感を表現しているらしいがそういうことに関して疎いどころの話ではない私には一切わからなかった。もし同時代に生きていてもきっと彼女多は分かり合えないだろう。あと八坂神社の門から眺める夜の祇園は格別なので皆さんもやってみるとよいと思う。

これだけ走ればお菓子を食べまくったことへの贖罪になるだろう。帰ったら洗濯機を回すだけ回してそのまま眠ってしまったので翌朝しわしわの服を見て絶望することになるのであった。それはそうとして友達がこのブログを母親に音読して聞かせているらしくウケた。おしまい。

諸君、接客バイトをしたってコミュ障は治らないのだよ

今日は朝から夕方までバイトをした。朝といってもそれほど朝ではないが私が寝坊をしたので朝である。私が起きるまでが夜、私が起きてからが朝だと憲法が定めている。コミュ障の荒療治になると思って接客のバイトを始めたが少しもならない。いまだに店長にうまく返事できない。人と話すのが好きと嘘をついて面接に通ったがそろそろばれた頃合いだと思う。でもまかないが豪華でおいしいので絶対やめない。

昨日は楽しみにしていた部活の用事が雨天で中止になり、ショッピングモールに行こうとしたらそれもできなくなったので今日行ってやった。そして好き放題物を買ってやった。コスメとか買った。でも貧乏なのでキャンメイクしか買えない。ミスドも食べてやった。明日からダイエッツする。服屋で試着をしまくった挙句一銭も買わずに出ていった。女子アナみたいなファッションに憧れるのでそういう格好をしてみたら恐ろしく似合わない。おしゃれをはき違えているあか抜けない女子中学生みたいな格好である。来世はこういうのが似合うスタイルと顔にしてください。そしてミス慶應か青学になってアナウンサーになろうと思います。ダイソーに行って欲しかった恐竜の水鉄砲を買おうとしたら売っておらずなめてるデザインのものしかなかったので嫌になって帰った。よく考えたら水鉄砲を打ち合ってキャッキャする相手などいないので別段困らないよね

帰りは住宅街を暗くなるまでふらふらした。結局これがすべての娯楽の中でも上位に食い込む面白さだと思う。睡眠、ネットサーフィン、散歩は超おもろい。

これは帰りに見つけた気になるお店。閑静な住宅街に突如として現れる電飾とつるし飾りで豪華に飾った店は否応なく人目を引く。店の前のたらいをのぞき込むと中のイシガメ達が暗がりに逃げ込んでいった。中国や台湾の食品を売る店のようだ。今度入ってみようと思う。

この街には尋常でない門構えの家が多い。私も由緒正しいお金持ちになりたい。なりたいったらなりたい。あと日本家屋をおしゃれに飾り付けている家も多い。いったいどこからそのセンスが来るんですか。そうこう考えていると雨戸から顔を出したおばあさんがニコニコしながら「気を付けてねー」と言ってくれたがこっちはコミュ障なので笑うことしかできない。せめて言語を使えるようにならないと人類の進化に対して失礼なので次不意に話しかけられたら人間の言葉を話そうと思う。

さらに奥のほうに行くとみんな大好き町中の階段が大量に現れた。これはよい。風情がある。

f:id:hyla26572256:20210703223959p:plain

夜景が少し見える高台の寺

家に帰ってハイスペックと結婚したアピールが激しい知らない女の人をツイッターで観察していたらもうこんな時間である。私は今まで課題をまじめにしていなかった罪を夜を徹して償わなければいけない。おしまい。

7月の華々しい幕開け

今日は7月1日、七夕に夏休みにウキウキワクワクの7月の始まりだが、私にはまだ夏休みを一緒にエンジョイできそうな友達が大学にいない。さらにテストが近づいているのに勉強をしていない。そのうえ普通に一限の課題をやらないまま目覚ましを無視して二度寝した。

一限の課題というのは英作文なのだが私はインターネットでのコミュニケーションのコツについて書いた。これが世間の常識をだらだら書き綴っただけの代物なのだがなぜか先生に褒められた。どこでこの知識を身に着けたか聞かれた私は中学時代でのネットリテラシー講座で学んだと答えたが嘘八百である。ネットリテラシー講座は確かにあったが私はスマホを持っていなかったうえにパソコンも接続を切られていたので睡眠にあてていた。一限の残り時間は先生の話を聞かないで祖父母に手紙を書いていた。あとは友達の着ていたエヴァの服がおしゃれでよかった。こんな調子で英語力は落ちていく一方である。

二限は空きコマだったので同じ境遇のクラスメイトに声を掛けたら彼女は友達と課題をすると言ってどこかに行ってしまった。どうやらぼっちは私だけのようである。とぼとぼと食堂に行ってチゲ豆腐をむさぼっていたら汁が飛んでキャワイイ白いブラウスが赤の斑点だらけになった。目を死ぬほど近づけたら日の丸なので私は国旗を身に着ける愛国者であるといえるであろう。ちなみに日本には将来性を感じないのでなるべく早く出ていきたい所存である。

その後の授業についてはあまり書くことがない。誰かに声をかけて友達になろうとしたがことごとく失敗したり、知り合いに話しかけたら向こうは私のことを忘れていたり、先生のパソコンが電池切れで突然授業が終わったりしただけである。

サラダチキンとソーセージのハーフみたいなよくわかんない棒状の食べ物と野菜と餅2個を食べたら部活の時間である。私の入っている美術部は現在オンラインで活動しているが今日はなぜか接続が悪く2人いる先輩のうち1人の声しか聞こえなかったので、彼が延々と独り言を言っているのかと思っていたが違ったようだ。今日の活動ではクロッキーをしたのだが同期にいるやたら絵のうまい子が相変わらず天才だった。私はといえばまずシャーペンで描くのやめるところから始めないといけないという体たらくである。

 

f:id:hyla26572256:20210701211135p:plain

もうちょっと頑張るべき1分クロッキー


ところで図書館で建築の本を借りたのだが私はこういう解剖的な図解が大好きなのでとっっっっても興奮している。本当はスペイン語を勉強しないといけないのだけれどそんなことは私の知ったことではない(未来の私が何とかするであろう)ので今日はもうこれを読んで寝る。今思い出したが12時までにリスニングの課題をしないといけないんだった。あと明日修正テープを売店で買うこと。おしまい。